母乳が出にくい原因

赤ちゃんにとって大切な栄養素がバランスよくたっぷりと含まれている母乳は、赤ちゃんが健やかに成長するためのエネルギー源です。母乳で育てることは、赤ちゃんの免疫力を高めるほかにもお母さんと赤ちゃんのスキンシップをはかり信頼関係を育てるという役割も果たしてくれます。

母乳が全く出ないというケースは殆どありませんが、出が悪いと悩む母親は多いものです。出産後から母乳の出が良くないと悩む事もあれば、途中でいきなり出にくくなってしまう事もあります。母乳の出方には個人差があるのも事実ですが、それ以外にもいくつか出が悪くなってしまう原因があると言われています。その大きな原因となっているのがストレスなどの精神状態によるもの、貧血や冷え血行不良などの身体の症状、栄養バランスの悪さがあります。

これらのどれかが原因となっていることもあれば、この中のいくつかが組み合わさって母乳が出にくくなっていることもあります。これらのどれが母乳不足の原因となっているのか見極めることは非常に難しくなりますが、どれも女性にとって気をつけておいて損のない事柄ばかりです。ですから、もしも出が悪いと感じたなら、上記にあげた原因を改善する様に生活を意識して改善していくと良いでしょう。

直ぐには効果が出ないこともありますが、継続することで徐々に母乳の出が良くなっていくはずです。母乳が出ないと諦めてしまう前に、以下に紹介する方法を試してみてください。